IWDアグリ佐倉工場は千葉県の食品リサイクル工場です。企業など排出された食品残渣(動植物性残渣や廃酸)を受け入れて飼料化・販売を行っています。

サービス案内

  • HOME »
  • サービス案内

当社IWDアグリは食品リサイクル業として、事業系一般廃棄物および産業廃棄物である食品残渣(動植物性残渣、廃酸など)を受入れ、豚のエサとなる液状発酵飼料(リキッド飼料)を製造・販売しています。

エコサイクル

原料となる食品残渣

当社は様々な食品残渣を受け入れております。動植物性残渣では米飯、パンくず、麺、野菜くず、生生地、お惣菜など。廃酸ではお茶、ジュースから乳製品などを原料として取り扱っています。

食品残渣の処分(リキッド飼料の製造)

 

収集運搬業者様によって運ばれてきた食品残渣(動植物性残渣や廃酸など)は、まず最初に計量と目視によるチェックを行います。

そしてライン投入前に残渣の状態を確認しながら異物等があれば手作業で取り除きます。

高速粉砕機で残渣を粉砕して加水しながらスムージー状にします。

90℃で60分加熱して殺菌をします。
(2021年4月実施期限の飼料安全法ガイドラインに対応)

出来上がったものが発酵タンクで発酵され、出荷待ちとなります。

 

 

リキッド飼料の販売

タンクローリー

当社の飼料はペースト状で消化吸収がよく、豚の成育が早くなったという報告もあります。
使用することで廃棄物の削減やSDGs(持続可能な開発目標)の推進にもつながります。
完成したリキッド飼料は需要先(養豚農家)から注文を受け、千葉県各地に配達されます。

お気軽にお問い合わせください TEL 043-310-7497 受付時間 8:00 - 16:30 [ 土日祝除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社IWDアグリ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.